表面処理システム ショットブラストマシン総合メーカー [株式会社 大鋳] 資料請求はこちら
株式会社大鋳 資料請求はこちら
 会社案内 お取引について お問い合わせ サイトマップ
ホーム製品紹介ショットブラストとは?大鋳の強み用途紹介納品事例環境対策製品のご紹介
ショットブラストとは?
大鋳は、多彩なブラスト技術を駆使して、ユーザーからのニーズに信頼と自信を持ってお応えしています。
ショットブラストとは?
使用実例
ショットブラストが出来ること

採用情報
資料請求
 会社案内
 お取引について
 個人情報保護方針
 サイトマップ
 お問い合わせ
ショットブラストマシン総合メーカー
株式会社 大鋳

〒569-0843
[本社] 大阪府高槻市三箇牧2-1-5
TEL (072)677-5332(代)
FAX (072)677-5335
E-MAIL info@daichu-net.co.jp
[受付時間] 平日 9:00〜17:00
サノヤスグループ
ショットブラストとは?
 
ショットブラストとは? 
 
使用実例 | ショットブラストが出来ること 
ショットブラストが出来ること
 
ショットブラストの目的は、大きく分けて以下の三つがあります。
 
 ●一つめは対象物に傷を付けることです。エッチングと言えば理解しやすいでしょうか。

 ●二つめは対象物の表面を洗浄することです。この場合の洗浄と言うのは錆びや異物を取ると言うことです。

 ●三つ目は対象物の表面構造を改質することです。少し、難しいことに聞こえますが、簡単に言えば、表面が
  固くなると言うことです。
 
一つめ 対象物に傷を付けること
研掃材イメージ
 
デジタルカメラや携帯電話、音楽端末などにもショットブラストマシンは使われています。
今や最先端技術の塊であるデジタルカメラや携帯電話、音楽端末。これらの表面はツルツルしていて輝いていますが、実は製造途中の段階では傷だらけです。この不規則な傷がついたそのままの状態できれいに加工することは不可能です。

そこで、一度ショットブラストマシンによって表面を均一にあらす(均一な傷をつけていく)ことで、商品としてきれいに加工していくことが可能になるのです。
 
二つめ 対象物表面を洗浄すること
金属の錆や塗装を落とすことも可能です。
実は、金属の錆や塗装を落とすマシンは大鋳以外の多くのメーカーでも製造されていますが、「ジグストリッパー」と呼ばれる大鋳のオリジナル製品がその分野における代名詞として、産業界で名を馳せています。
塗装を剥離する目的で使用されているショットブラストマシンです。この種類のショットブラストマシンは自動車メーカーの塗装ラインでよく使って頂いています。トヨタの塗装が行われているほとんどの工場では大鋳の機械が有ります。日本国内だけでなく、北米工場でも使って頂いています。
米国の砂漠地帯イメージ
 
三つ目 対象物の表面構造を改質すること

例えば、自動車やバイクには必ずサスペンションと呼ばれるバネ状の金属が搭載されています。
このサスペンションは様々な衝撃を吸収するバネとしての柔軟性は必要ですが、曲がったり折れたりしないように、ある程度の強度が必要になります。
 そこで、私達が製造するショットブラストマシンが必要になってくるというわけなんです。ショットブラストマシンの内部に素材を入れ、そこに様々な粒子を投射することで、その素材の表面の性質を変え、素材の強度を上げることが可能になります。

※映画や漫画で、昔の武士が刀を叩いているシーンを見たことがありませんか?
実はあれも、刀を叩くことによって刀の強度上げているのです。

 
ショットブラストとは? | 使用実例 | ショットブラストが出来ること
 
上に戻る
 
メールでのお問い合わせはこちら