表面処理システム ショットブラストマシン総合メーカー [株式会社 大鋳] 資料請求はこちら
株式会社大鋳 資料請求はこちら
 会社案内 お取引について お問い合わせ サイトマップ
ホーム製品紹介ショットブラストとは?大鋳の強み用途紹介納品事例環境対策製品のご紹介
製品紹介
大鋳は、多彩なブラスト技術を駆使して、ユーザーからのニーズに信頼と自信を持ってお応えしています。
● ショットブラストマシン
シングルテーブル式
ダブルテーブル式
クレーン式
ハンガー式
ベルトコンベヤー式
ロールコンベヤー式
エプロン式

バッグフィルター

● ジグ・ストリッパー
スタンダードタイプ
ホイストタイプ
小物ジグ用

採用情報
資料請求
 会社案内
 お取引について
 個人情報保護方針
 サイトマップ
 お問い合わせ
ショットブラストマシン総合メーカー
株式会社 大鋳

〒569-0843
[本社] 大阪府高槻市三箇牧2-1-5
TEL (072)677-5332(代)
FAX (072)677-5335
E-MAIL info@daichu-net.co.jp
[受付時間] 平日 9:00〜17:00
サノヤスグループ
製品紹介
テーブルが移動することで、ブラスト加工しながら製品の脱着ができます
ショットブラストマシン・ダブルテーブル式
公転する大テーブルと、製品を乗せる小テーブルの自転を組み合わせているため、製品の大小を問わず高効率の研掃加工が得られるコンパクトマシンです。
短時間に均一な仕上がりを確保できます。製品同士の接触が無いため、打痕の気になる製品の加工に適しています。
短時間で高効率の仕上げ
強力で効率の良いショット投射機を搭載し、短時間に仕上げ加工ができます。加工にもっとも適した研掃材を選定し、投射量を調整することによって、希望の仕上げ程度を確保することができます。投射機は分割配置の耐摩鋼の内張ライニングによって保護されています。経済的で長寿命です。
完全自動操作
作業者はテーブル上の加工済みの製品を取り出し、加工前の製品をセットするだけです。
作業の熟練は不要で、誰でも均一に仕上げることが可能です。製品の形状により、治具を工夫すればさらに省力化が可能です。
短時間に均一研掃
このテーブル式ショットブラストは、従来のヤスリ・グラインダー等による手作業や、サンドブラスト・液体ホーニング等と比べ、切削・研削加工後のバリ取り・ディスケールなどの表面仕上げが短時間に均一に行える研掃装置です。
高効率のショットセパレーター
高い研掃能力を維持し、メンテナンスコストを可能な限り低減することは非常に重要な管理項目です。自然の法則に従ったセパレータで、ショットに混入した不純物を完全に分離します。
静かで安全な運転
頑丈でかつコンパクトに設計されています。運転中の振動や騒音も小さく、インターロックにより安全で確実な操作が可能です。
 
ダブルテーブル式ショットブラストマシンの主な仕様
形式 テーブル駆動装置 製品
有効
高さ
(mm)
ローターユニット 電気
容量
(KW)
本体寸法
(W×H×L mm)
小テー
ブル径
(φmm)
小テー
ブル数
Table qty
モータ
(KW)
台数 標準投射量
(Kg/min)
モータ
(KW)
FV-1312T 250 12 0.75 50 1 120×1 7.5 11.25 1700×2800×3500
FV-1316T 250 16 0.75 50 1 120×1 7.5 11.25 1700×2800×3500
FDV-1355L 400 5 0.75 300 2 60×2 3.7 11.55 1700×2800×3500
FDV-1382 400 5 0.75 350 2 120×2 7.5 11.25 2200×2500×4000
FDV-1383 540 2 0.75 1500 3 90×3 5.5 24.15 3210×2950×5600
※ テーブル板の表面は平らなので、製品の形状・重量によっては、ブラストの勢いでテーブル板から、落下する恐れがあります。製品の横滑り防止用の治具の加工等もします。
※ FDV型は、作業者の挟まれ防止のため、エリアセンサーを標準装備していますが、FV型は、作業性の違いからオプションになっています。
 
上に戻る
 
メールでのお問い合わせはこちら